産後・授乳中のママの食欲が増す理由

授乳中の食欲が止まらない!

妊娠中は、赤ちゃんへ栄養を運ぶために食欲が増すのはわかりますが、産後も食欲が増しているのはなぜでしょう?
産後に食欲が増すのは、授乳のために栄養が必要だからです。

 

赤ちゃんが飲む母乳を作っているのは血液です。
ママが摂取した栄養素を豊富に含んだ血液から母乳が作られるので、ママの体は赤ちゃんに栄養をあげなくては、自分の体のためにも栄養をつけなくてはと食欲が増すようになります。

 

ですので、産後なのにこんなに食欲があったら太ってしまうと心配されるママもいると思いますが、授乳に必要な栄養素を確保するためですので、バランスの良い食事を心がけるようにすれば太りすぎることもありません。

 

母乳をつくるための栄養を取っているわけですから、赤ちゃんに授乳することで体内に蓄積することはあまりありませんが、必要ない栄養分やエネルギーはそのままママの体に蓄積していきますので、カロリー摂取が多すぎると太る原因になりますので注意しましょう。

 

授乳中の女性が必要とする摂取カロリーとは?

では、授乳中のママはどれくらいのカロリーを摂取しても大丈夫なのでしょうか。
授乳中ではない成人女性との摂取カロリーの違いを見てみましょう。

 

これは、厚生労働省が発表している授乳婦の摂取カロリーを示した表からのデータですが、授乳しているママは成人女性が摂る1日の摂取カロリーより350kcal多く摂取する必要があると示しています。

 

成人女性の1日の目安が1,800kcal〜2,200kcalと言われていますから、授乳しているママは、この数値に350を足して、2,150kcal〜2,550kcalが1日に接種するカロリーの目安となります。

 

授乳中増やしてよいのはご飯1.5杯分?

茶碗1杯のご飯が140〜160gあり、これをカロリーに換算すると約235〜270kcalになります。
ですので、茶碗1,5杯分くらいは追加で食べても良いということになりますが、想像していたより少なくありませんか?

 

実際に必要なのはこれ位なんですよ!
だから食欲に任せて食べ過ぎてしまうと、そのまま自分の身についてしまい授乳中なのに太ってしまうということになります。

 

授乳中に痩せるというのは、妊娠前と同じような食事を摂っていても痩せていくという意味で、食欲があってどれだけ食べても痩せるという意味ではないのです。

 

これを勘違いして「授乳中は何食べても太らない!」と暴走するとおっぱいも詰まりやすいし、なにより断乳後に悲劇を迎えることになります。

 

食欲コントロールしないまま断乳すると一気に体重増加の危機!

授乳中に調子に乗ると痛い目に!

食欲にまかせたまま断乳した時の悲劇、それは体重増加です。
食べるクセがついてるのに、カロリーが消費されなければ、当たりまえのことなんですけどね。

 

私も、授乳中は何食べても全然太らず、むしろどんどん減っていったので調子に乗ってたんですよね。
断乳したら食事減らせばいいか〜♪なんて思ってた自分をぶん殴ってやりたい(笑)
しかも私は同じミスを2回もしているという・・・。

 

食欲を抑えるのはとても辛いことですが、カロリーコントロールをきちんとしなければどんどん体重ば増える上に、断乳するとさらに体重が増えることになります。
食欲のコントロールができない時は、カロリーの低い野菜やこんにゃく、キノコなどを多く取り入れ、揚げ物などの脂っこい食べ物を減らすと食欲を満たすことができますし、栄養バランスもばっちりです。

 

ただ、授乳中はとにかくお腹が減るという人もいますので、常に何かを食べいたいという時は、糖分の高いアメは控え、低カロリーのおやつにするか、堅い食べ物で何回も噛まなくては飲み込めないようなものを持ち歩きましょう。

 

噛む回数が多ければ多いほど満腹中枢に届きやすくなりますし、満腹中枢は食べ始めてから20分後に働き始めると言われていますので堅い食べ物などで、できるだけお腹に入る量を減らすなどカロリーの摂取のし過ぎを防ぎましょう。

 

カロリーだけではなく栄養バランスも気を付けて

授乳中は栄養バランスを考えたメニューを!

授乳中は体重が気になるかもしれませんが、産後ということもあり栄養バランスを考えて摂取するようにしましょう。
母乳の質も変わりますから、赤ちゃんに良い栄養を与えることができるのは当然ですが、栄養バランスが悪いとママの体力が落ちたり、免疫力が落ち風邪をひきやすくなるということも出てきます。

 

授乳しているたけでも免疫力が落ちると言われていますので、栄養バランスの摂れた食事はママにとってもとても大切なものなのです。
また、母乳に必要な栄養素はタンパク質やビタミンA、ビタミンB群、ナイアシン、葉酸、ビタミンC、鉄分、亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、モリブデンなどですから、野菜を中心に摂取することでバランスよく栄養素を取り入れることができるでしょう。

 

ただ赤ちゃんが低月齢の頃は、料理になかなか時間がかけられないもの。
それどころか食べるのだって抱っこしながらとかおんぶしながら、なんて毎日なので、無理せずサプリなどで栄養補給するのがおすすめですよ。