授乳中にサプリメントは飲んでも大丈夫?授乳期にしっかり摂りたい栄養はコレ!

授乳中にサプリメントを飲んでも大丈夫かどうかについて紹介致します!
また併せて授乳期に摂取を心がけたい栄養素も紹介します。

 

授乳中はお母さんがどんな栄養を摂ったか?で母乳の栄養バランスが左右されてしまいます。
赤ちゃんの健やかな成長のためにも、お母さんのバランスの良い栄養補給が大切ですね。

 

授乳中に必要な栄養を補うために、サプリメントは有効です

授乳中、食事バランスの取れた食事をしっかり摂っていたとしても不足しがちな栄養素もあります。
特に葉酸やビタミンCについては水溶性で加熱したら壊れてしまう可能性が高いので、調理方法によっては栄養素が半分以下になってしまうことも……。

 

また、毎日の野菜メニューが単調になりがちだったり、ストレスや疲れが溜まってしまい栄養素の体内消費が増加してしまうと、必要となる栄養素が不足してしまう可能性も出て来ます。

授乳期だからこそ摂取すべき栄養素

質のよい母乳を作り出すために必要な栄養素についてご紹介致します。

ママに不足しがちな栄養素

  • タンパク質 
  • ビタミンB12 
  • ナトリウム 
  • カルシウム
  • カリウム 
  • マグネシウム 
  • リン 
  • 亜鉛 
  • 銅 
  • クロム

こちらの栄養素は、母体から強制的に母乳へ流れていく栄養素になります。
そのため、もしも上記の栄養素を摂取していなかった場合、
お母さんの体に必要な栄養素が枯渇してしまい、健康状態が悪くなることもあるんです。

 

では具体的な数字を見てみましょう!

授乳期の食事摂取基準(2015年版)

栄養素 18〜29歳の
推奨量
授乳中
プラス量
18〜49歳の
平均摂取量
ビタミンB2
(mg)
1.1 +0.2 1.02
ナイアシン
(mgNE)
11 +3 12.8
ビタミンB6
(mg)
1.2 +0.3 0.96
ビタミンB12
(μg)
2.4 +0.8 4.5
葉酸
(μg)
240 +100 243
パントテン酸
(mg)
4
※目安量
5
※目安量
4.8
ビタミンC
(mg)
100 +45 74
ビタミンA
(μgRAE)
650 +450 460
ビタミンD
(μg)
5.5
※目安量
8
※目安量
6.1
ビタミンE
(mg)
6.5
※目安量
7.0
※目安量
6.1
カリウム
(mg)
2000
※目安量
2200
※目安量
1960
カルシウム
(mg)
650 - 437

(mg)
6.0 +2.5 6.6
亜鉛
(mg)
8 +3 7.3

(mg)
0.8 +0.5 0.99

 

摂取しなければならない栄養素、かなりたくさんありますよね。
なのに通常の女性の平均摂取量を見ていると、不足している栄養素が多いこと!

 

たとえば葉酸は推奨量240μgに授乳中はプラス100μg、一日計340μg摂取が必要だとされているにもかかわらず、一般的な20〜49歳の女性の摂取量は243μgと足りていません。

 

カルシウム等は妊娠後期から吸収率がよくなるのもあって、非妊娠時と変わらない量が設定されているのですが、そもそも足りていないという有様。

 

普通に生活している女性たちでも栄養素が足りていないこの状況、全てを食事でまかなうことは難しいかもしれません。
授乳中は赤ちゃんのお世話などでついつい簡単に食事を済ませてしまうママも多いでしょう。

 

バランスよい食事を用意しようにも、赤ちゃんが泣いて調理の時間もあまりとれないという経験、私もあります。

 

こうした授乳のママにもおすすめなのが無添加のマルチビタミン・ミネラルのサプリ。

 

材料も、製造もすべてが安心できる!
ママニック葉酸サプリ

ママニック葉酸サプリ

価格

5,000円 ⇒ 3,500円(税抜)
※定期購入時

内容量

120錠(1ヶ月分)

備考

定期購入の他まとめ買い割引あり

詳細

ママニック葉酸サプリ もっと詳しく知りたい方はこちら

 

『健康補助食品』という名目であることからも察することができるとおり、サプリメントは栄養を補うための食品です。
ただし、サプリメントだからどんなものでも摂取して良い、というわけではありません。

  • 信頼できるメーカーのもの
    (公式サイトを見る以外にも、使用者の声などをよく見てみるようにしましょう)
  • 飲み方や成分などがきちんと表示されている
    (中には粗悪なサプリメントもあるので注意)
  • 色んな栄養素をバランスよく組み合わせている
    (ビタミン・ミネラルは単品よりも複数組み合わさっている方が吸収しやすい場合が多いです)
  • 飲みやすい形状・味である
    (においが独特過ぎるサプリメントも中にはあります)
  • 保存するのに最適なパッケージである
    (湿気が多かったりすると開封後、サプリメントの成分が変質してしまう恐れがあるため)
  • 持ち運びがしやすいもの
    (外出先でも気軽に飲めるようになっているもの)

などの要項をクリアしたものを選ぶのが◎です。

 

授乳中ママの近頃注目の成分とは?

中性脂肪を下げる効果が期待できるる成分として有名なDHA・EPA。
これらの成分が今ママたちから熱い注目を集めています!

 

実はDHAは脳の発育にも大事な成分で、記憶力アップや心を穏やかにするといった効果もあるといわれています。
授乳中のママが摂取することで、母乳を通して赤ちゃんにも届くと考えられています。

 

外国での調査では、妊娠・授乳中に積極的にDHA・EPAを摂取していたママの子供たちは、4歳の時点で知能の発達がよかった、という結果も!

 

もともと外国では日本ほど魚を食べることが少ないので、よりDHAなどの投与が有効だった、ということも考えられるようですが、日本でも順天堂大学の清水俊明教授が同様の研究を行っています。

 

妊娠中からDHA・EPAを投与し、その後生まれた18か月の赤ちゃんの発達について、DHA・EPAを摂取していたママの子供たちは、運動発達指数や、順応性や協調性を調べる行動情緒発達指数に高い数値が出た、という結果が。

 

DHAは脳への影響だけでなく、視力にも良いとされているので、赤ちゃんだけでなく産後物忘れがひどくなりがちなだったり目が疲れやすいママにもおすすめです。

 

リニューアルしてDHAも配合
ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ

価格

5,980円 ⇒ 3,980円(税抜)
※定期購入時

内容量

120錠(1ヶ月分)

備考

定期購入の他まとめ買い割引あり

詳細

ベルタ葉酸サプリ もっと詳しく知りたい方はこちら