授乳中イライラしやすくなった時の3つの解消法

出産前より授乳中はイライラしやすい、という話を聞いたことありませんか?
私は現在授乳中ですが、たしかに以前よりイライラしやすくなっちゃいました。。。

 

夫のちょっとした言動に対しても、いちいちイライラする……。
実はそんな授乳中のイライラって、きちんと原因があるんですよ!
今回は授乳中にイライラしてしまう原因と、解消法を3つご紹介致します!

授乳中のイライラ。その原因はズバリこれ!

まずはなぜ授乳中はイライラしやすいのか?その原因から見ていきましょう。

 

原因1 慢性的な睡眠不足

生まれたばかりの赤ちゃんは、2時間を目安に寝て起きてを繰り返します。
中には長く寝る子もいますが、大体が2時間前後。私の子供も産んだ直後はそうでした。

 

しかも、ようやく寝入ったと思ったらおしっこをしてしまったのか泣き出したり……。
そっと布団に寝かせたにも関わらず、背中スイッチが入ったように泣きじゃくる我が子。
もうこっちが泣きそうになりますよね?!

 

昼間も夜もこのサイクルが続くのではたまりません。
夜泣きは1歳を超えても続く子もいますので、1年以上続く慢性的な睡眠不足に悩まされるお母さんのいらっしゃるはず。

 

子供と一緒にお昼寝すれば少しは改善するかもしれませんが、いかんせん、家事や他の家族のこともありますからゆっくり寝るヒマなんてありません。

 

どんどん蓄積していく寝不足は常に精神をイライラ状態にしてしまいます。

 

休日、旦那が寝転がってテレビでも見て居ようものなら、更にイライラボルテージが上昇したり(笑)、爆発もしてしまいますよね?

 

原因2 ホルモンバランスの乱れ

妊娠中→授乳中はホルモンバランスが大幅にかわります!

お腹の中で赤ちゃんを育て、出産するというのは、想像以上に私たちの体内が変化にさらされているということでもあります。
ただでさえ女性は生理前などに体調を崩したりしやすいのに、妊娠、出産のホルモンバランスの変化はそんなもんじゃありません。

 

どんなもんか、日本産科婦人科学会雑誌に掲載していたデータをもとにまとめてみました。

妊娠中、授乳中のホルモン量の変化のグラフ

 

妊娠後期に向かってグーンと分泌量がアップ、産後一気にダウン!これでは仕方ないな、とちょっと諦めがつくはず(笑)

 

ぱっと見た感じ、産後はすぐに安定しているように見えますが、実は一日のなかでも授乳のたびにプロラクチンの分泌量はグンと上がります。
この状態は授乳しているうちは続くわけです。

 

ストレスもホルモンバランスを乱す原因

また、ストレスを感じることでホルモンバランスが乱れてしまうことも。

 

ストレスを感じることで、それに負けないようにするための対ストレスホルモンが分泌されるのですが、これが男性ホルモンまで増やしてしまう働きも持っているんです。

 

よくストレスが大人ニキビの原因といわれるのですが、こうした仕組みで男性ホルモンが増えたことにより皮脂量が増えニキビのできやすい肌になってしまう、ということなんですね。

 

育児中はストレスが多い時期。なぜ泣き止まないの?なんで寝てくれないの?意思の疎通が取れない赤ちゃんと日中二人きり、という生活は無意識にストレスがたまりやすいといえるでしょう。

 

手軽にできる3つのイライラ解消法

上記の原因でおこる授乳期のイライラ。どうしたら解消できるでしょうか?

 

解消法1 どうにかして睡眠を確保しよう

睡眠不足がイライラの原因の場合は、睡眠不足を解消しないとイライラも抑えられません。
ですからどうにかして睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

具体的には、

  • 細切れでも子供が寝たら一緒に寝る
  • 座椅子やソファでうたた寝しながら授乳する
  • 子供を見てくれる人がいる場合は、たまには甘える(子供を見てもらう)

などです。

 

特に、座椅子に座って授乳中にうたた寝するのは効果的!
私もやっていましたが、短時間でも寝れれば頭がスッキリしてイライラも幾分おさまります。
やっぱり睡眠って大事・・・。

 

解消法2 栄養をバランスよくしっかり摂る

育児中のママはご飯がおろそかになりがち。
私もお昼時などはおんぶしながら卵かけご飯だけやカップラーメン、菓子パンなどロクでもない食事ばかりでした(笑)

 

こうした食事では栄養バランスも何もあったもんじゃありません。自分だって、こうした食事ばかりではいけないというのは分かっている・・・のですが、食事を作る時も食べる時も赤ちゃんが気になって時間を割くことができませんでした。
正しい食事をしたいのにできていない!というのはストレスにつながることも。それに食事内容がよくないと母乳の質も気になってしまいますよね。

 

せめて少しでも罪悪感を減らすために、マルチビタミン・ミネラルの入ったサプリなどでうまく補っていくようにしましょう。

 

解消法3 一人の時間を作ってみる

多くの先輩ママが言うことだとは思いますが、短時間でもよいので赤ちゃんと離れてママが一人でリフレッシュすることはとても大事です。
パパが帰ってきたあとに一人でのんびり本を読む、お風呂に入る、近くのコンビニに行く、などでもいいんです。

 

私も、赤ちゃんと一緒にお風呂に入っているにもかかわらず、パパの帰宅後本を持ち込んでもう一度入浴したり、銭湯行ってみたり、果てはラーメンまで食べに行ったりしていました(笑)

 

休日は近所のスーパーへの買い出しに一人で行ってみたり、産後3か月からは美容院にも言ってましたが、どれも決して遠出というわけではないんですよ。

 

子供が生まれる前はなんてことなかったことばかりなのに、産後は一転してできないことだらけ。

 

パパだって子供が生まれてからは色々と生活スケジュールが変わることもあると思いますが、ママの生活は本当に変化します。

 

授乳中に必要な栄養ならコレ!
ママニック葉酸サプリ

ママニック葉酸サプリ

価格

5,000円 ⇒ 3,500円(税抜)
※定期購入時

内容量

124錠(1ヶ月分)

備考

定期購入の他まとめ買い割引あり

詳細

ママニック葉酸サプリ もっと詳しく知りたい方はこちら

 

サプリメントであれば必要な栄養素を確実に摂取できますし、中には授乳期に必要な栄養素がほぼ全て入ったサプリメントもあります。ただし授乳中は赤ちゃんへの影響を考えて、できるかぎり添加物が少ない天然素材から作られた製品を選ぶようにしてください。