産後のママが肌質 急に変わる理由は?

産後・かゆくなるママ

産後に、化粧ノリが悪くなった、肌が乾燥する、肌の質が変わった、シミが増えた、ハリがなくなったなど肌に関するトラブルが多いと感じるママも多いでしょう。

 

産後は昼夜を問わない授乳のため、寝不足ですし、慣れないお世話でストレスに感じることもあるでしょう。
また、忙しすぎてお肌のお手入れをせずに寝てしまうというママも少なくないのではないでしょうか。

出産後のママの体の変化は?

出産という大仕事を終えただけでも産後のママの体はくたくたな状態です。
さらに、産後の産褥期は子宮やママの体を元に戻そうと急激な変化から始まり、その後ゆっくり元の状態に回復させていきます。

 

妊娠中に数百倍にも増殖した女性ホルモンが急激に減少し、子宮も約6週間をかけて急速に元の状態に戻っていきます。

 

これに加えて授乳によってホルモンの分泌量も変わりますから、産後のママの体はホルモンバランスの変化が激しい時期なのです。

 

肌の乱れはホルモンの乱れ?!

体内のトラブルやホルモンバランスの乱れは肌にも影響が出てきます。

 

産後は肌荒れしやすい?!

お肌は、皮脂や角質層にも十分な水分によって、ホコリや汚れ、菌などから肌を守るというバリア機能をもっています。
バリア機能がきちんと働いている状態のお肌は、水分量も皮脂量もバランス良い状態が保たれていると考えられているんですね。

 

実際、お肌の調子がいい時は肌荒れも起こしにくいですもんね。

 

産後はホルモンバランス乱れやストレス、睡眠不足などからバリア機能が低下。
すると弱ったバリア機能では防ぎきれなかったホコリや汚れ、菌などが外部から侵入しやすくなってしまいます。

 

そう、バリア機能の低下は肌トラブルを引き起こしやすいといえるんです。

バリア機能が低下と肌トラブル

バリア機能が低下しやすい産後は、湿疹が出てきたり、シミができたり、肌が敏感になったり、肌が乾燥するなどの肌トラブルが発生しやすいというわけ。

 

ですが、授乳が終わりホルモンバランスの乱れが解消されていけば肌トラブルも解消されていきますので、それまでは保湿をしっかりしておきましょう。

 

バリア機能となる皮脂も、水分不足が起こると過剰に分泌されてしまい、ニキビなどの新たな肌トラブルを招きます。

 

水分が十分確保できれば必要な分だけ皮脂が分泌されて肌を守ってくれますから、油分を調整しながら保湿するスキンケアを心がけましょう。

 

スキンケアをする時間がない、眠くて寝てしまうというママはオールインワンタイプのスキンケアがありますので、これ1つで保湿も十分にできておすすめです。

 

乾燥肌がかゆみを引き起こす?

肌トラブルの中でもかゆい症状を引き起こしているのが乾燥です。
冬になると背中がかゆい、足のスネがかゆい、肌がかゆいなどありませんか?
これは乾燥によるもので、肌が乾燥するとかゆみを生じます。

 

通常、肌は皮脂でバリアを張って守っているのですが、バリア機能が低下するときちんと皮脂を分泌できなくなるため肌を守ることができなくなります。皮脂で守られていない肌は、地肌がむきだしになっている状態です。

 

皮脂の分泌がうまくできていないということは、水分不足も考えられますので、地肌がむき出しになった肌は潤いもなく乾燥してかゆいと感じてしまいます。

肌への摩擦もかゆみの原因かも

また、肌トラブルが起こっている状態の時に服の摩擦によってかゆみが生じる場合もあります。
本来は、皮脂が守ってくれていますので摩擦はさほど感じないのですが、バリア機能が低下している時は服の摩擦でかゆくなる時があります。

 

ここでかゆいからといってかきむしってしまうと、さらにバリア機能が弱くなりかゆみを増長させてしまうことになります。

 

かゆいのがなかなか治まらないという時は皮膚科を受診して悪化するのを防ぎましょう。
授乳中の場合は、医師に授乳中であるということを伝えれば、授乳中でも使える薬を処方してもらえます。

 

バランスの良い食事で肌荒れ改善!

かゆみも肌荒れ、乾燥、ニキビもバリア機能が低下していることで起こりやすくなります。

 

まずはバリア機能を回復させるために十分な保湿をスキンケアで補い、栄養バランスの摂れた食事を心!
特にお肌に良いとされるビタミンCやビタミンEを積極的に摂るようにしましょう。