授乳中にコンビニやドラッグストアで買える格安の市販サプリは安全?

『あー疲れた。数時間おきに授乳しなきゃいけない生活。もう自分の時間さえなくてゲッソリ……』

 

なんて思ってる、お疲れ気味のママさん、いらっしゃいませんか?

 

夜泣きは大変かもしれないけど、ミルクをあげておけば大人しくなるでしょ?なんて言葉を頂戴することもありますが、ミルクだけで大人しくなるならゲッソリなんてしませんよね。

 

そんな時、授乳中でなければサプリや栄養ドリンクなどを飲んで、元気を取り戻すことができるかもしれません。
ですが、授乳中は飲むもの1つをとっても成分に気を遣わないと、赤ちゃんへおっぱいを通してその成分が流れ込んでしまうため、神経がすり減ってしまいます。

 

今回は、『正直な話、コンビニやドラッグストアで1000円以下で買えるような格安市販サプリは授乳中でも安全なのかどうか?』ということに着目してみました。
成分やら口コミやらも調べてみたので、買ってみようか迷っている人はぜひご覧下さい!

市販サプリは安全?

絶対に安全、とは言い切れないところがあります。
安いサプリの中にも成分的に摂取しても大丈夫なものもありますが、添加物が数多く入ったものもあるようです。
授乳中であることを考えると、できれば無添加で子供にも安全なものを摂取したいものです。

成分や口コミを調べてみた結果

1000円以下で購入することができるサプリメントに含まれている成分は、ほとんどが天然成分なのか合成成分なのかの表記がありません。
公式サイトなどを見ても、『◎◎を配合!』としか書いてなかったりします。
そのため、授乳中に安全に飲めるかどうかに着目すると疑問が残るところです。
また、口コミなどを見ても、添加物などに不安を持つ人が多くいましたが、中にはサプリメントは食品扱いだから大丈夫なのではないか?という声もちらほらありました。

 

しかしながら、市販サプリに含まれていることが多い『着色料』や『保存料』などの添加物は子供に対してどのような影響を及ぼすかはわかっていません(影響がないと言う人もいますが、子供が食べるものに含まれる着色料や保存料(安息香酸ナトリウム)が注意血管障害の1つ・多動性のレベルをアップさせたという調査結果も出ているようです)。

 

そのため、できれば市販サプリではなく無添加で安心できるサプリを摂取した方が良いと思われます。

 

授乳中には摂取しない方が良い成分(大豆イソフラボンなど)が含まれている市販サプリも多いので、もしも購入するのであれば、記載してある原材料をよく見てから購入するようにして下さいね。

 

授乳中サプリメントおすすめTOP3!