授乳中に飲んではいけないサプリメント情報

授乳中は
「赤ちゃんに栄養たっぷりの母乳を飲ませてあげたい!」
「自分の美容、健康面も維持したい!」
といった目的でサプリメントを飲む人も多いですよね。

 

でも実は、授乳中には飲んではいけないサプリメントがあるってことご存知でしょうか?
え、そんなの初耳なんだけど?!という人のために、今回は授乳中に飲んではいけないサプリメントの見分け方についてご紹介致します。

 

飲んではいけないサプリメントの見分け方

1.成分について

まず気になるのが、授乳中に摂取しない方がよい成分が入っていないかどうか。
ママの体だけでなく、母乳を通して赤ちゃんが口にしてはいけないものが入っていないかどうか、ということです。

 

通常時には摂取可能な成分の中には、授乳期には摂取を避けた方が無難な成分というのもあります。
代表的なものとしては下にある成分。

 

  • イソフラボン系(大豆イソフラボン、プエラリア、レッドクローバーなど)
  • チェストツリー(チェストベリー)
  • プロポリス

 

イソフラボン系やチェストツリーといった成分は、ホルモンのバランスを整える作用があるので、産後の授乳中に飲むのは避けた方がよいでしょう。
母乳への移行の心配もありますが、ママのホルモンバランスが逆に乱れてしまう可能性があるんです。

 

チェストツリーは催乳効果があるともいわれているので、母乳が出ないママ向けのハーブティーなんかも売られてはいるのですが、PMS(月経前症候群)の治療でも使われるほどの効能を持っているハーブ。
授乳中に飲む場合はかかりつけのお医者さんに相談を!

 

プロポリスは天然の抗生物質、なんていわれるほど抗菌効果がある成分なのですが、薬品と違って妊娠中や授乳中の胎児や赤ちゃんへの影響などの臨床データがないのが現実。
どの程度母乳に移行するかもよくわかっていないんです。

 

そういった点が不安なので、現在では授乳中の摂取はあまり推奨されていない、というわけなんですね。

 

他にもビタミンAは過剰摂取してしまうとダメなのですが、これは非妊娠時でも変わりのないこと。
だったり、色々成分の量などに関する注意事項はありますが、何はともあれイソフラボン系・プロポリスは避けた方が良いと言うことは覚えておいて下さい。

 

ちなみに血管の収縮を促進させる成分も妊娠・授乳期にはNGです。

2.原料について

ママも赤ちゃんも安心の成分ならなんでもよいか?といえば、そんなことはないですよね?
その成分がどうやって作られたものなのか、という点もすごく重要。

 

それゆえ原料が天然か合成か?や配合してある成分量など、しっかりとしたサプリメーカーは、サプリの詳細について公開している場合がほとんど。

 

同じ成分が配合されているサプリメントでも、合成成分で作られたものの場合、子供への悪影響を及ぼす可能性はゼロとは言えません。

 

安価で市販されているサプリメントは特に注意する必要があるのですが、中には石油由来の合成成分を使って作られているサプリメントもはあります。
そういったサプリメントは出来る限り飲まないように心がけましょう。

 

ただし、合成の成分がすべて悪!ということはありません。
実は妊娠初期〜授乳中に推奨されている葉酸、これに関しては合成のものが良いのです。

 

それはなぜかというと・・・
「天然の葉酸より吸収率がよく」「妊娠初期に飲むとよいとされている400μgは合成葉酸の吸収率をもとにした数字」だからなんです。

 

つまり天然の葉酸を400μg摂取しても、合成葉酸と同じだけ吸収されるわけではないんですね。

 

そうしたこともあって、厚生労働省では天然ではなく合成であるモノグルタミン酸型葉酸の摂取を推奨しているというわけなんです。

 

きちんとしたメーカーであれば、モノグルタミン酸型の葉酸を配合しているし、合成の葉酸が推奨されていることも掲載していますよ。

3.メーカーの信頼性について

製造・販売しているメーカーをどれくらい信頼できるか?も1つの判断基準です。

 

聞いたことがないサプリメーカーでも、パッケージやパンフレット、WEBなどで積極的にサプリメントの詳細や会社の情報を公開していると安心感がありますよね。

 

逆にそういった情報をほとんど公開せずにいるサプリメーカーの商品は怖くて飲めない!
どんなものが入っているのか分かりませんし、口コミも少なく判断のしようがありませんよね。

 

授乳中でなければ試してみても良いかもしれません。
しかし、授乳期間中はそういった危ない橋は渡るべきではありません!
名の知れたメーカー、情報をきちんと公開してくれる信頼度が高いメーカーのサプリメントを選ぶようにするのが得策です。

 

ちなみにメーカーの信頼性を測る時に、必要な情報の最低ラインはこちら。

 

  • 賞味期限
  • 成分表示
  • 飲み方がきちんと書いてある

 

これがなかったらちょっと疑問符が浮かびます。どれも当たり前なんですけどね。

 

きちんとしたメーカーなら、サプリを服用する人のことを考えて詳細情報を提供してくれるのが普通です。
このサイトでおすすめしているサプリはどれも成分や製造工場についてもしっかり公開してくれているので、安心感が違います。

 

原材料も「国産の野菜」「すべて自然由来」などのこだわりがある一方、香料や着色料、保存料などは使わないという姿勢のメーカーばかり。

 

ママだけでなく赤ちゃんのためにも安心なサプリを選びたいですよね。

 

成分も品質もすべてが安心できる!
ママニック葉酸サプリ

ママニック葉酸サプリ

価格

5,000円 ⇒ 3,500円(税抜)
※定期購入時

内容量

120錠(1ヶ月分)

備考

定期購入の他まとめ買い割引あり

詳細

ママニック葉酸サプリ もっと詳しく知りたい方はこちら