妊娠中だけじゃない!産後もむくむ原因とは?

産後・授乳中はむくみやすい?!

むくみが起こる原因は、リンパの流れが悪くなったり、血液の流れが悪くなること、また、水分や老廃物が溜まることで体内の水分バランスが崩れて起こると言われています。
妊娠中は、胎児の成長と共に血液量も増えていますから水分バランスが崩れてむくみが起こります。

産後むくむ原因とは

ですが、産後もむくみが起こりやすいことをご存知でしょうか。
出産すると体内の水分も排出されるので水分バランスが取れると思われているかもしれませんが、出産すると急激に水分が排出されるために水分バランスが崩れてしまいます。

 

ですので、体はなんとか水分を確保しようと水分を溜めようとするのです。
そのため産後もむくみが起こるのです。

 

妊娠中はほとんどむくまなかったのに、分娩後にすごくむくんで歩くのも億劫、というママも。私は妊娠中さほどむくまなかったのですが、産後は結構むくんでしまって着圧ソックスなど履いて過ごしていました。

 

授乳でむくむ?

さらに、授乳も水分バランスが崩れる原因と言われています。

 

赤ちゃんにおっぱいをあげると、それだけ体内の水分も失われます。
ここでも産後と同じように体が体内の水分バランスを取ろうと水分を溜めようとする働きが生じるのでむくみが出てくるのです。

 

また、産後にむくみが起こる原因は水分バランスが崩れるだけではありません。

 

妊娠中は胎児がお腹にいるため運動不足になりがちですが、産後も赤ちゃんのお世話があるため運動不足になりがちです。
運動不測になると新陳代謝も悪くなり、血液の循環が悪くなるのでむくみの原因になります。

 

授乳中の姿勢がむくみの原因?

授乳中にむくみが悪くなる原因として姿勢が挙げられていますが、授乳中のどのような姿勢がむくみに関係しているのでしょうか。

 

授乳中はどんな姿勢?

では、授乳中の体勢を思い出してみましょう。
授乳中は赤ちゃんを抱っこしている状態ですのでイスに座ったり、ソファに座ったりを足を下にしている時間が多いのではないでしょうか。

 

足を下にしている時間が長いと、重力の影響を受けて体内の水分が下に行ってしまいますので、足に水分が溜まってしまいます。
水分が足に行くことで足がむくみやすくなりますし、座っていると足の付け根の部分のリンパも流れにくくなりますので、授乳の姿勢にも注意が必要です。

 

授乳中の姿勢はたまには変えてみると〇

特に新生児期の頻回授乳の時にいつも同じ姿勢で授乳をするとむくみやすくなってしまいます。
ですので、いつも同じ姿勢ではなく、添い寝しながら授乳したり、座る時も胡坐(あぐら)をかいて座り、足を下にしないなど工夫して授乳してみましょう。

 

特にまだ授乳になれない頃、ずーっと赤ちゃんを抱いて座っていて気が付けば足がダルい!
産院の授乳室でも、退院前になると椅子やソファの上で胡坐をかくママも多かったです。

 

授乳をやめたらむくみも戻る?

授乳をすると水分量が減って、水分バランスが崩れるためむくみの原因になるというお話をしましたが、授乳をやめればむくみもなくなるのでしょうか。

 

確かに、授乳中は水分量の変動が起こりやすいのでむくみは起こりやすいのですが、授乳をやめたからと言ってむくみがなくなるわけではありません。

 

むくみの原因は、水分量のバランスと運動不足。水分量のバランスが授乳の原因になると思われますが、運動不足を解消しなければむくみはなくならないのです。
元々女性は、男性より筋肉量が少ないのでむくみやすくなっています。

 

血液は筋肉を動かすことによって体中に血液が運ばれています。
中でも、足の血液を心臓に送るには重力に逆らって送るだけのポンプの役割をしているのがふくらはぎの筋肉です。

 

運動はむくみ解消に効果的

ふくらはぎの筋肉を動かすには運動が必要です。
ウォーキングでもかまいませんので適度な運動をすることでふくらはぎの筋肉がポンプの役目をして血液を心臓に運んでくれます。

 

ただでさえ女性は筋肉量が少ないので意識して運動をしなければ水分が足に溜まってむくみやすくなるのです。
ウォーキングの時間がない場合は、屈伸運動や階段の昇り降りでも良いので、できるだけふくらはぎの筋肉を使う運動をしましょう。

 

弾性ストッキングはむくみに効果的

あとは、少しでもふくらはぎのポンプ運動を助けるために弾性ストッキングなどで圧迫するのも効果的ですし、湯船につかって血行を良くしたり、入浴後のマッサージなども血流がよくなって効果的です。

 

あとは、寝る時に足首のところに枕や座布団を折り曲げておくなどして、足を高くして寝ると血液が心臓に戻りやすくなり足に溜まった水分も解消されていきますのでむくみが出にくくなります。

 

ですので、授乳を辞めたからと言ってむくみが治まるわけではありませんし、逆を言えば授乳中でも適度な運動をすることでむくみは軽減されます。

 

筋肉量が少ない女性ですので、できるだけ運動をするように心掛けて、赤ちゃんにとって大切な栄養となる授乳はきちんと続けていく方が良いでしょう。

 

授乳をしている間はダイエットにもなりますし、子宮の収縮もよくなり、早く子宮が元の状態に戻りやすくなりますので、授乳を辞めるという発想は持たない方が良いでしょう。